いりこ

大平 卓矢・真史

仁尾町

瀬戸内海燧灘で獲れるいりこやちりめんじゃこを中心に漁獲から製造、出荷まで行っている。漁業者兼水産加工会社。主に煮干いりこ、ちりめんじゃこ、干物、いかなごなどの加工販売を行っている。

さぬきうどんのダシをとるのに欠かせない、いりこの産地として有名な燧灘(ひうちなだ)。
いりことは、カタクチイワシを加工した煮干しのこと。燧灘でイワシ漁といりこの加工を行っている大平水産株式会社では、漁獲から水揚げ、加工、選別、販売まで一貫して行っているため、鮮度の落ちやすいカタクチイワシを新鮮な状態のままいりこに加工することができる。
大平卓矢さんは、築地で働いた経験を活かし、現在は漁師の網元3代目として地元の水産業の振興に取り組んでいる。

6月から8月のイワシの水揚げの時期は、いりこ・ちりめんの製造のほか、ベイカ・アジ仔・タチウオ等の干物や、デビラと呼ばれる小さいヒラメの寒干し、イカナゴなど、弟の真史さんとともに自前の船団で獲ったさまざまな海の幸を加工し、卸と販売を行っている。
また、近年の漁獲量の減少やいりこ需要の減少に対応するため、いりこや自社水産物を活用した商品開発にも力を入れている。
穏やかな瀬戸内で育ったいりこのなかでも、うろこが銀色に輝く銀付いりこは、最上級の品質で苦みがなく、上品でコクのあるダシが味わえる。添加物や着色料などは一切使用していない大平水産のいりこは、自然な旨味がぎゅっとつまったやさしい味わいだ。

大平水産株式会社

〒769-1408 香川県三豊市仁尾町仁尾甲999